賢く利用する勤怠管理システム

早退を管理する方法

早退を管理する方法

早退を管理する方法 会社の勤怠管理で難しいのが、早退あるいは半休の取り扱いです。
欠勤扱いにするか、あるいは有休扱いにするかで給与額が違って来ます。
また早退だけでなく、子供の学校のことなどで、半日だけ休みがほしい社員も中にはいるでしょう。
このような場合は、クラウドシステムなどで対応することができます。
たとえば勤怠管理のメニューを開き、社員の個人名を開いて退社時間を入力するだけで、その社員の勤務時間管理、ひいては給与計算がスムーズにできるようになります。
もちろん、後で本人に時間を入力してもらうことも可能です。
またシステムによっては、操作方法によって、早退分控除を無視することもできます。
このようなシステムの場合は、会社側だけでなく、従業員に自分で出退勤時刻を入力させることもでますし、またその逆に、従業員に入力させないという方法も採れます。
どの方法を選ぶかは会社次第です。
特に小規模で勤怠管理だけに時間を割けないとか、あるいは総務や人事の部署の見直しを考えている場合、このようなシステムの導入は有効といえます。

勤怠管理でできる遅刻を管理する方法

勤怠管理でできる遅刻を管理する方法 勤怠管理で遅刻を管理する方法として、時間に応じた賃金のカットが挙げられます。
まず、1日の勤務時間を8時間と仮定し、遅刻が2時間未満の場合のカット率は1/8日、2時間以上4時間未満の場合のカット率は3/8日、4時間以上6時間未満の場合のカット率は5/8日、6時間以上のカット率は7/8日としましょう。
しかし、1日ごとにこのシステムに当てはめていくと、実態との剥離が大きくなってしまいます。
そこで、1日ごとではなく1か月トータルの遅刻時間をまとめて、このシステムに当てはめる事によって、どれだけ賃金をカットすべきかが、非常にわかりやすくなります。
また、1時間未満の場合には、30分を境として四捨五入するのがポイントです。
このように、1か月トータルの時間で勤怠管理を行う事は、労働基準法の違反にもなりません。
その為、多くの企業がこうした勤怠管理を導入しており、現時点での管理方法としては優れていると言えるでしょう。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>