賢く利用する勤怠管理システム

勤怠管理システムを導入しよう!

勤怠管理とカレンダーを連動させるメリット

勤怠管理とカレンダーを連動させるメリット 企業活動において必ず行わなければならない業務はいくつかありますが、その中でも特に重要なものが、勤怠管理です。
従業員の勤怠の管理をして労務面の報告書を作成したり、給料の算出及び支払いの手配をすることですが、これをきちんとできないと、労働基準局からの監査で対応できなかったり、従業員からの苦情が増えて企業活動自体が立ち行かなくなります。
そのため、多くの企業で勤怠管理をシステムを導入して実施しています。
現在は様々なシステムが用意されていますが、カレンダーと連動したシステムが人気になっています。
カレンダーに連動しているシステムだと、自動的に土日祝日が反映されるなど、勤怠管理システムの中でデータベースがあらかじめ出来上がっているので、担当者は入力処理の箇所が少なくて済みます。
給料面での管理や出退勤管理も簡単になるので、勤怠管理のシステムを導入する場合は、ぜひカレンダーと連動したものを選択するべきです。

勤怠管理で交通費精算の連携について

勤怠管理で交通費精算の連携について 勤怠管理と交通費精算が連携して行えれば便利です。
従来は、タイムカードや交通費請求書をエクセルに打ち込んで集計していたものが、ICカードシステムを導入すれば、自動計算で集計結果をだすことができます。
ICカードの導入によって出勤状況の確認が難しかったのが一目でわかるようになります。
また、行く先と経路を調べて交通費の精算を行っていたのがICカードで自動で計算ができるようになります。
特に消費税が8%になった時に導入された切符とICカードで料金が変わっていることにも対応できます。
勤怠管理と交通費精算を連携するメリットは大きいと言わなければなりません。効率が良くて利用する人にも負荷がかかりません。何より今まで端末入力に費やしていた時間と人件費をほかの事務にまわすことができるメリットが大きいと言えます。
ペーパーレス化が図れるのでプリント費用も削減できます。
会計システムと連動させれば仕訳も楽になり経理分野の効率化、外注化にも対応できるようになります。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>