賢く利用する勤怠管理システム

導入してシフト管理

導入してシフト管理

導入してシフト管理 勤怠管理システムを導入する事で全ての従業員の出退勤や休憩の時間を管理して簡単に把握する事ができます。
一目で日にちや時間単位で出勤している従業員の人数や誰が出勤しているかを把握できるので、シフトを管理する時にも役立ちます。
個人の労働時間を把握して法令に違反する労働時間になっていないかという事を確認する事も勤怠管理をする上で重要な事です。
多くの従業員を抱える事業所では従業員個人の労働時間を把握するのは大変ですが、勤怠管理システムを利用すれば特定の労働者の労働時間が簡単に把握できます。
シフト管理をする時は予定された人件費の範囲内で収まるようにしなくてはいけません。
これを手動で計算する作業は手間も時間もかかりますが、システムを利用すれば入力するだけで必要になる人件費が一目でわかって便利です。
タイムカードの記録も手書きで記録していく方法と違って勤怠管理システムを使って記録する事で記録のつけ間違いも防ぐ事ができます。

顔認証を採用した勤怠管理システムの利便性

顔認証を採用した勤怠管理システムの利便性 勤怠管理システムの打刻の方法には顔認証による打刻を採用しているものがあります。
手書きのタイムカードと違って記録のつけ間違いや集計する側のミスもありませんし、集計するのもシステムによって自動化されるので手間がかかりません。
社員証などでタイムカードに記録するシステムでは手書きのように記録のつけ間違いもありませんし、集計する時も自動化できるので集計ミスもありません。
しかし社員証を常に持ち歩かないといけないのと社員証があれば打刻できてしまうので、代理打刻ができてしまいます。
顔認証を採用した勤怠管理では本人の顔のデータをシステムで管理していて、それを使ってタイムカードを打つので社員証などを持ち歩く必要がありません。
さらに本人がいないとタイムカードを打てない仕組みになっているので、代理打刻などの不正を防止する事ができます。
また記録のつけ間違いや集計作業をする人のミスも発生しません。
過去の記録もシステム上に蓄積されるので、データの保存するのも簡単にできます。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>