賢く利用する勤怠管理システム

裁量労働制とは

裁量労働制とは

裁量労働制とは 裁量労働制とは、労働者が働いた時間を管理するうえで、実際に働いた時間ではなくあらかじめ定めた一定の時間を労働時間とみなす制度のことです。このあらかじめ定めた労働時間を「みなし労働時間」といいます。
例えば、2時間分の残業をしたとみなす裁量労働制が適用されると、実際に行った残業が0時間でも3時間でも一律に2時間分の残業代が支払われます。この制度はどんな場合でも適用されるものではなく、設計者や技術者など専門性が高い職種に限って法律により認められるものです。またこの制度の適用をうけるには労使間で事前に同制度を採用するとの合意が必要です。
同制度の対象となった労働者は、給与が実労働時間にもとづいて支払われるのではないため、勤怠管理を必要としません。
労働者にとって、勤怠管理をされないということにはメリットとデメリットの両方があります。メリットとしては、効率的に仕事をして早く終わらせれば早く家に帰ることができます。だらだら仕事をして残業して終わらせたとしても支払われる給与は同じなのです。
デメリットとしては、自分が長時間労働をしたとしても会社が把握できないということです。働きすぎて健康を損なっては元も子もありません。労働者本人および上司や会社が十分な健康管理・ストレス管理をすることが必要となります。

勤怠管理と気持ちいい有給休暇の取り方について

勤怠管理と気持ちいい有給休暇の取り方について 有給休暇は会社が社員へ年間で何日の休暇を取得させるかの日数となっています。この休みは当然取得が社員に与えられた権利であり、給与には影響しないものです。通常の企業であれば、年間で20日間くらいの日数が与えられるのが普通です。ただし、どんなタイミングでも勝手に取得して良いわけではありません。会社では一人で仕事をしていることは少なく、何人かのグループ員たちで進められていると思います。ですから、勝手に一人の社員がいなくなってしまった場合、他の人へも影響してしまう可能性があります。特に体調不良であればしようがないかもしれません。
しかし、それ以外の理由であれば、予め、予定を社内で合意をとった後にとるべきでしょう。勤怠管理とは、このように各自が常識的に正しく休みを取ることをどれだけできるかと言うことだと思います。各自が勤怠管理をきちんとすることによって、社内のグループ員たちも良いスパイラルで回るようになるでしょう。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>